ぴったりこかんかん

適当に書いていきます

アプリ開発記その6 オリジナルアプリの完成

 開発を初めてから4ヶ月弱、アプリは完成した

初めてビルドして自分の端末にインストールした時はもっと感激するかと思っていたがが、実際には、アイコンダサくね?とか色々気になって直したくなってしまった、しかしあまり細かいこといってると永遠に公開できなくなる。

僕は意を決してストアに公開申請を出した。

これは有名な話だが、アプリの審査基準はAndroidよりも Iphoneの方が圧倒的に厳しい。

僕の場合最初にAppleに申請を出したものはちょっとしたバグがあり、却下されてしまったが、同じものをAndroidの方は数分で許可されている。おそらくほぼ審査などしていないのだろう。

Iphone向けのものもバグを直したら許可してもらえた。

人生初のマイアプリの完成だ。

アプリを宣伝するために、アプリ紹介用のページ、いわゆるランディングページも事前に準備してある。

ブログも書き始めている。

舞台が整ったという感じがして嬉しかった。

その夜は7月の蒸し暑い日だったからか、興奮してしまったからか分からないが、うまく寝付けなかった。明日は仕事があるから早く寝なくてはと思いつつ、なんども寝返りを打った。

ふとFaceBookについたコメントを思い出した。「第二のザッカーバーグ、いわゆるナッカーバーグの誕生だったりして(僕の本名は中村です)」なかなかうまい事言う友達もいたものだ。僕はにやけてしまった。枕からは、シリコンバレーの香りがした。